英会話・英語講師派遣・英語学習講座 TRILSホーム ごあいさつ TRILS 業務内容 TRILS 会社概要 お問い合わせ

よくある質問Q&A

時間も費用もかからないということですが、
本当にそんな短期間で通じる英語が学べるのですか。

大丈夫です。英語と日本語の違いや、英語を話す人たちと日本人との違いについてなどの理論を学んで理解してからスタートしますから、そういった点で他の学習法とはまったく異なっていますが、解答を知った上での学習ですから時間も短縮され費用もかからないということです。

河田式は短期間で終了してしまいますが、その後はどうしたらよいのですか。

河田式英会話学習法で学んでいれば、その後はどんな教材を使ってもどこのスクールに通っても大きな効果が得られるはずです。外国人のお友達を作るのもいいし、海外旅行で試したりしてもよいでしょう。もちろん留学しても大丈夫ですよ。将来の目標によって学び方が違ってくるでしょうが、英語の学び方を根本的に理解しているのですからあとは自分の努力しだい。はじめに河田式ありきなのです。

語学の習得には留学が必要だとおもっているのですが。

以前と比べ留学は容易になってきていますが、それでも誰しもが十分な時間とお金をかけて留学できるとは限りません。またせっかく留学したのに現地では日本人の仲間と一緒でほとんど英語を話す機会がなく、簡単な日常会話しか身につかなかったということが多々あります。大事なのは留学する前に日本で河田式にふれてみることなのです。

私は、英語はネイティブから学ぶのが一番だと信じ、その種のスクールに通っていたのですがなかなか上達しないので諦めてしまいました。これって間違っていたのですか。

日本人の多くがそうなのですが、ネイティブだったら誰でも英語を教えることができると思っていませんか。しかし彼らは自然に母国語として英語を身につけているので、日本人に”話す英語”を教えるということがどれほど難しいかということを理解しているのはほんのわずかなのです。ですから、ネイティブの皆さんの指導に満足できず諦めてしまわれる方が多いのも無理のないことなのです。従来の学習法のようにやみくもにネイティブのみに依存するのではなく、河田式で理論を学んでからスタートすればネイティブの先生からも多くのことが学べるはずです。

河田式と他の学習法の違いの中に”R音のはっきりとした提示”とありますが、それはどういうことですか。

河田式では英語は音声言語なので日本語にない音を出せるようになることが重要と位置づけています。中でもRの音は特に大切なのですが、アルファベットの中のR音と実際に会話の中で発音されるR音が異なるため、はっきりと教えることは難しいのです。また英語と米語でも違いがあるため日本人は混乱してしまうでしょう。しかし河田式のRは日本人に分かりやすく発音しやすいもので、何よりもはっきりと舌の位置や音の出し方等を提示しています。河田式のRを使えば貴方の英語は格段に進歩するはずです。

英語に関しては自信があり、社内の同僚の外国人との会話にもさほど困ったことはありませんでした。ところが先日ロンドンへ初めて出張した際、街中でまったく英語が通じず大変恥をかきました。何がいけなかったのでしょう。

そういった方は多いはずです。まず第一に、日本人の英語に慣れた外国人に貴方の英語が通じてもそれで喜んでいてはいけないということです。ひとたび海外へ行けば日本人の英語に触れたことのない人や、日本人に会うのさえ初めてという人とも会話しなければならないのですから。そんな方こそ河田式を学ばれ英語力をますます高められ、ビジネスに役立たせていただき、ライバルに差をつけていただきたいとおもいます。

これからは英語よりも中国語という話を聞きますが。

最近の世界経済の動向をみると中国語が話せれば有利なのではと考えるのは当然ですね。しかし世界には英語を公用語や準公用語としている国がおよそ60もあるのです。それに中国でも知識人やいわゆる富裕層と呼ばれる人たちの殆どは、英語が話せる場合が多いのです。ですからまず河田式で言語を学ぶ際の秘訣を習得し、英語をマスターしてから次に中国語に挑戦されたらいかがでしょうか。

 

これらの質問以外に何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

>> お問い合わせ

Page Top